【レビュー】大相撲令嬢 【小説家になろう】

レビュー
スポンサーリンク

なろうレビュー

なろうで発見した、個人的に面白いと感じた作品を勝手にレビューする記事です。
大前提として好きな作品しか紹介しないため、評価は甘めです。

今回はこちらの作品!

大相撲令嬢 ~聖女に平手打ちを食らった瞬間相撲部だった前世を思い出した悪役令嬢の私は捨て猫王子にちゃんこを振る舞いたい はぁどすこいどすこい~【書籍化決定】
異世界転生 乙女ゲーム 悪役令嬢 アクション 女主人公 西洋 中世 ゲーム ざまあ 相撲 もふもふ 男前 平手打ち 聖女 王子様 猫耳

大相撲令嬢 ~聖女に平手打ちを食らった瞬間相撲部だった前世を思い出した悪役令嬢の私は捨て猫王子にちゃんこを振る舞いたい はぁどすこいどすこい~【書籍化決定】川獺右端

書籍化が決定しております。

スポンサーリンク

あらすじ

突然第一王子に婚約破棄を言い渡された侯爵令嬢、フローチェ。

彼をたぶらかした聖女の平手打ちを食らった瞬間、前世で相撲をしていたの記憶が蘇る。
フローチェは相撲の力で窮地を脱し、正当な血統を持つ第二王子とともに、王位を取り返す戦いに身を投じていく――

謎のとんでもパワー”相撲”を操る令嬢の、ハートフルでパワフルなファンタジー!

スポンサーリンク

感想

良かった点

完結まで10万字ほどで書籍一冊分の分量で綺麗に話がまとまっていました。

基本的にコメディテイストで進むのですが、熱い相撲魂と心躍るバトルも面白かったですね。
主人公は最初から最後までぶっ飛んでて変化はなかったですが、周辺人物が相撲を通して成長していく様は見事な構成でした。結末も綺麗なハッピーエンドで、読後感も気持ちいいです。

また相手を土俵に取り込んでルールを押し付けるという凶悪な儀式なのに、毎回しっかりとルールを説明する主人公のスポーツマンシップ。さらには、ただ倒すだけでなく相撲の魅力で相手を改心させ仲間に取り込んでいくカリスマ性。終始主人公が魅力的でした。

そして何と言っても豊富な相撲知識とファンタジーとの絶妙な融合が素晴らしく、ワンアイデアだけで収まらない秀逸な作品でした。

エピローグで、まだ続きがありそうな情報が出されていたので、人気次第では続編もあるかも……?楽しみに待ってます。なかなか気になる”引き”で終わってたので。

はぁどすこいどすこい

気になった点

番付表システムをもっと目立たせてもよかったかな? と個人的に思いました。

序盤に番付表という国内の強者の名前が書かれた表を確認して、主人公が自分の立ち位置とまだ見ぬ強者の存在を認識する、というシーンがあるのですが、

その表自体を読者が見ることはできず、主人公の感想だけでさらっと流されてしまったので、その後に出てきたときの感動が薄かった気がします。(恥ずかしながら横綱が上なんだろうなーくらいの知識しかないのが原因かもしれません)

かといって序盤のテンポが大事なシーンに長々と表をぶち込むのも微妙ですね。

こんな人におすすめ

・相撲とファンタジーの化学反応が気になる人
気軽に読める独特でハイクオリティな作品を探している人

スポンサーリンク

評価

文章・表現 ★★★★☆
ストーリー ★★★★☆
おすすめ度 ★★★★★

(特別項目)
どすこいどすこい ★★★★★

※好きな作品しか紹介しないため、甘めかつ非公開の独自基準に基づいて評価。あまり意味がないため参考程度にどうぞ

掲載日:2020年11月15日

タイトルとURLをコピーしました