おすすめWeb小説投稿サイト徹底比較

考察
スポンサーリンク

乱立する小説投稿サイト

一番有名なのは小説家になろうですよね。多くの有名作品が生まれました。

また、大手出版社が運営するカクヨムも、人気なサイトの一つ。

他にもアルファポリス、エブリスタ、ハーメルンなど、昔からあるサイトや
ノベルアップ+やノベリズムなど、比較的新しいサイトまで、様々。

零細サイトも合わせると、100以上が乱立する空前のWeb小説サイト戦国時代なわけですが、

結局どのサイトを使えばいいの?
と悩む人も多いと思うので、それぞれの特色をご紹介。

Web作家向けの記事です。

スポンサーリンク

結論:全部使う

まずは結論から述べます。

ほとんどのサイトで、他サイトとの同時投稿(同じ作品を複数のサイトに掲載する)ことを認めていますので、有名なサイト全てに投稿しましょう。

特にデメリットはありません。

読者が分散するのでは?と思うかもしれませんが、それを嫌う場合は1つのサイトだけ先行させましょう。そして、○○で先行投稿とでも書いておけば露出の機会が増えて、むしろ読者流入に繋がります。

問題があるとすれば投稿作業が面倒になるということ。
なので2~3サイト程度が管理もしやすく、使いやすいと思います。

「カクヨムオンリー」や「ノベプラオンリー」などのタグはほとんど意味ありません。多くの人に読んでもらいたいなら、複数サイトを利用しない手はありません。

サイトごとに特色が違うので、作品に合ったサイトを選びましょう

おすすめの選び方は、
小説家になろう、カクヨムの二つは確定
+αで、好みのサイトを一つ。でしょうか。

スポンサーリンク

小説投稿サイト比較

小説家になろう

全員登録しておいて間違いありません。
他のサイトを利用するとしても、必ずなろうにも投稿しましょう。

理由は、圧倒的に読者数が多いからです。
おそらく二番目に多いカクヨムよりも、1,5倍~2倍ほどのアクセスが望めると思っていいでしょう。

また、他サイトよりも賞を取らずランキングから書籍化される作品が多いです。
読者数が多いため、PV数や評価点など分かりやすい数字が大きいためですね。

その分欠点もあって、
ランキングに載るのが難しい
小説家になろうの人気ジャンルでランキングに載るためには、ある程度流行に迎合する必要があります。作品数が多いので、ランキングに載れなければ埋もれがち。代わりに、ランキングに載ることができれば毎日数千、数万のアクセスを確保できます。

収益を得る仕組みがない
後述のサイトではPV数による収益を得ることができるのですが、なろうにはそれがありません。他サイトとの併用をおすすめする理由の一つです。
しかしこれは、読者にとっては関係ありません。

カクヨム

小説家になろうの次におすすめするサイト

そこそこ読者数が多く、なろうよりも簡単にランキングに載ることができるので、お手軽に読者を増やすことができます。

またロイヤリティプログラムというものに参加することで収益を得ることができます
その倍率は文字数などによっても異なるのですが、およそ1PVあたり0,05円です。
1万PVで500円となる計算ですね。

人気作家でもない限り爆発的に稼ぐのは難しいですが、収入が発生するというのは嬉しい点です。

大手出版社が開催していることもあって、書籍化につながるコンテストが頻繁に行われています。
また角川系列といえばライトノベルだけでなくコミックや一般文芸への道も開かれているので、なろうよりも様々なジャンルに対応していると言えます。

流行のジャンル以外を書きたい方はカクヨムがおすすめ

バランス感では一番おすすめできるかもしれません。

ノベルアップ+、ノベリズム

どちらも最近作られたばかりの、新しいサイトです。なかなかの注目株で、参加する作家が増えています。

その理由は、高い収益率と投げ銭制度が存在する点ですね。

また新サイトならではの革新的な機能をいくつか有していて、

ノベルアップ+ではスタンプ機能やおすすめチケットなどによって読者が作者を応援する機能が充実していること、公式Twitterが積極的に作品を宣伝してくれるのは、大きな強みです。

ノベリズムは契約作品という有料作品があり、書籍化しなくても食べていけるくらいの収入が得られるサイト、というのを目標としているようです。一般作家でも契約作品化されるチャンスがあって、その場合は条件達成で毎月3万円の収入が確約されます。

欠点は、やはり上の二つと比べると読者が少ないです。

まだ発展途上のサイトなので、逆に言えばトップ作家になれる可能性も転がっているということ。
最後の一つのサイトに、どちらかを選択することをおすすめします。

アルファポリス

HOTランキングという独自のランキングが特徴。

これは、投稿から一か月以内の作品を対象としたランキングで24hポイントという独自のポイントを元にランク付けされます。これはPV数や文字数で算出されるようですね。

このHOTランキングに載れなければ、それ以降に突然人気が出る可能性は低いです。

5万字程度の書き溜めがある流行作品を投稿する場合におすすめのサイト。
逆に、それ以外のパターンではおすすめしません。

収益化も可能です。
読者数もそこそこ多く、かなりのPVが期待できます。

エブリスタ

昔はなろうと同じくらい勢いのあるサイトでしたが、

スマホゲームの台頭によりモバゲーが失墜。一緒に落ちていきました。(エブリスタは当初モバゲー内のサービスでした)

今はチケットで読む有料作品の方が目立っていて、無料投稿はあまりおすすめしません。

ハーメルン

二次創作では有名なサイト。

二次創作を書きたい場合におすすめ

スポンサーリンク

なろう+カクヨム+α

なろう、カクヨムは確定で使っておきましょう。

今後成長する可能性の高いノベルアップ+か、
開設されたばかりでパイオニアになれる余地のあるノベリズム
または、安定した読者と収益のアルファポリス

この中から選択するといいでしょう。
零細サイトは使う価値はほぼありません。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました