一人暮らしの生活費、どうやって払う?飲食店バイトを勧める理由と選び方、デメリット

暮らし
スポンサーリンク

一人暮らしの費用

一人暮らしの皆さん
日々の生活費って、結構痛いですよね。

特に大学生だと、収入がそんなにあるわけではありませんから、月々の支払だけでもかなり深刻です。
大学で一人暮らしを始めよう!という方は想像つかないかもしれませんが

一人暮らしの生活費は

  • 家賃:4~8万円ほど
  • 水道光熱費:約1万円
  • 通信費(スマホ代、Wi-Fiなど)約7000円
  • 食費:約3万円
  • その他消耗品など:約3000円

家賃は地域や部屋によって大きく変わりますが、仮に5万円としても、毎月約10万円ものお金が必要になってきます。

実家暮らしだったころには掛からなかった費用ですよね。

さらに、教科書も買わなくてはいけない。遊びにも行きたい。飲み会がある。
そうなってくると、さらに出費は増えます。

え、そんなに払えない……と思うでしょうが、大丈夫です。
世の中には、仕送りなしで一人暮らしをしている大学生は、私含めたくさんいます!
今回はその方法の一例を、お伝えします。

スポンサーリンク

一人暮らしのアルバイトは飲食店で決まり!

学費は奨学金や、ご両親からの仕送りで支払うとして

毎月最低10万円、自力で稼ぐ必要があります。
扶養内で働く場合の最高額が、年間103万円(月約8万5千円)
勤労学生控除を利用して働く場合、年間130万円(月約10万8千円)
ですから、この記事では月収10万円で考えていきます。

勤労学生控除とは
確定申告の際に申請することで、130万円まで、学生本人の住民税、所得税が免除される制度。ただし、親の扶養からは外れるので、親の税額は増える。

では。生活に必要な10万円を、どう稼ぐか。

一般的なのは、アルバイトですよね!
そして、私が一人暮らしの方におすすめするのが、飲食店でのアルバイトです!

スポンサーリンク

飲食店アルバイトのメリット

まかないが食べられる

なんといっても、これ。
他のバイトにはない、大きなメリットですよ!

特に一人暮らしの人にとっては、食費を浮かすことができるので、かなり助かります。
お金を稼ぎながら、ご飯も食べられる。
こんな良いことはありません。

イベントバイトなどでも、お弁当が支給される場合はあるそうですが、
バイト先の美味しいご飯を食べられるのは飲食店だけ!
バイト仲間とオリジナルの料理を作って賄いで食べるのも、楽しいですよ。

募集が多い

バイト探しって、結構時間がかかるもの。
何度も面接で落ちたりすると、気も滅入りますよね……

飲食店なら、繁華街には多くの店舗があり、比較も簡単。
自分にあったお店を選んで、すぐに応募することができます!
また募集が多い分、人手不足なので、落とされることも他の業種と比べると少ないです。

競合しているということは、時給も高くなるということ。
こちらとしては選び放題ですから、稼げるバイトを見つけたいですね!

長い時間勤務することが可能で、短日数で稼げる

ランチからディナーまで営業していることが多い、量販店やデパートのテナント店では、一日8時間や10時間など、長い時間の勤務をすることが可能です!

仮に時給1000円で一日10時間働いたとすると、基本給で1万円にもなります。
目標の10万円のためには、10日間働けばいい計算です。

もちろん、もっと時給が高かったり、時間が長かったり
残業代や深夜手当などで、さらに少ない時間、日数で稼げますよ。

残りの時間は勉強や遊びの時間に当てることができ、効率的に生活することができます。

そんなに長く働けない……という方は、もちろんランチのみ、ディナーのみでも大丈夫なので、安心してください!慣れてきたら長時間勤務に移行すればよいのです。

また、深夜営業をしている居酒屋などでは時給も高いケースが多いです。

バイト仲間に学生が多い

バイト先にもよりますが、飲食店バイトは大学生にとっては定番。
よって、一緒にバイトする仲間も大学生になりやすいです。

社員が数人しかいない場合が多いので、サークル活動のようなノリでバイトできますよ!
年に何百時間も過ごす場所なので、どうせなら楽しい方がいいですよね!

他校の友達などと出会えるチャンスです。

料理の基礎を学べる

キッチンスタッフであれば、料理を学ぶことができます。
突然一人暮らしを始めても、料理の仕方なんてわかりません。
飲食店であれば、本格的な料理は難しくても、食材の基本的な扱い方や簡単な料理であれば、すぐに覚えるでしょう。

料理の技術は一生使えますから、覚えておいて損はありません。
ついついさぼりがちな自炊も、バイトで料理するより楽ですから、苦にならないと思います。

スポンサーリンク

デメリット

仕事が大変

それが仕事である以上、多少の大変さは仕方ないですよね。
飲食店だけが大変なわけではなくバイト全般に言えることですが、仕事がつらくて辞めてしまう人もいます。

特に飲食店はピーク時だと目が回るような忙しさなので、体への負担が大きくなりがち。
向いてないと思ったら、すぐに辞めることも大切ですよ。

飲食店なら次のバイトもすぐに決まるため、辞めやすくはあります。

帰りが遅い

閉店時間が11時以降、という店舗はかなり多いです。
そこから閉店作業をして着替えて……となると、帰りが終電間際になることも。

そうなると、次の日の授業や予定に影響が出てきそうですよね。

閉店が早い店舗を選ぶランチだけ入る、など対策はあります。

ブラックな店舗も多い

と、一般にはいわれています。

しかし、いわゆるブラック企業といわれるような「給料がちゃんと出ない」「仕事を業務時間外にやらなければならない」といったバイト先は、ほとんどありません
先ほども言ったように、募集は無数にあるので、嫌ならすぐに他のバイトにいけますからね。
人が足りない分、大事にされると思います。

ブラックな点は、拘束時間の長さや少ない人数で営業しなければいけないなど、肉体的疲労のものです。
体力がある人なら問題はないでしょう。

お客さんと多く関わる

接客は、どの業種でも大変です。

ほとんどのお客さんは良い人なのですが、時々少し困るお客さんが来ることも。
お客さんと多く話すお店では、接客で嫌な思いをすることがあるかもしれません。

また、女性の方でお客さんからプライベートでの被害を受けた話などは、噂レベルで聞きます。

どんなに疲れていても笑顔で接客しなければなりませんからね。
慣れるまでは苦労します。

スポンサーリンク

飲食店バイトの選び方

ここまで読んで、飲食店でバイトしてみよう!と思ってくれた方向けに

どんなお店がいいのか?
どうやって選べばいいのか?

を解説していきます!

人それぞれ条件は違いますから、それぞれに合わせた項目を参照してくださいね

まかない有りか。無料かどうか

大切です。
一人暮らしでは、賄いがなければ家に帰ってから自分で作らなければいけません。

また、賄いが有料の店舗も多くあります。
一食100円程度ならまだしも、売価の半額や、酷いところでは全額払って食べなさいというところも。それはもう、賄いではないですよね。

募集要項に無料と書いてあるバイトを、選びましょう!
しかし、値段が書いてない場合は、面接の際や事前に質問すると、後悔しません。

扱っている料理はなにか。お酒はあるか

つまり、どのような業態か、という点です。
なんでも同じでしょ?と思うかもしれませんが、例えば

安さが売りの居酒屋は客層が比較的悪く、酔っていますからトラブルも多いです。
高級なカフェではお金にも時間にも余裕のあるお客さんが多いので、優しい

といった、傾向があります。
特に安い居酒屋は、初バイトにはあまりおすすめできません。賄いも有料のところが多いですしね。

また、料理の内容についても、重要です。
賄いでなにを食べられるか、という点に影響してくるからです。

例えばラーメン屋。どれだけラーメンが好きでも、毎日同じラーメンを食べるのはきついでしょう。
またフードの少ないカフェでは、食べられる種類にも限りがあります。

おすすめはランチディナー共に営業している食事処。それもメニューが豊富なお店です。
いろんな料理を覚えられて、食べることができますよ!

時給はいくらか

飲食店の時給は、他の業種に比べて少し高いです。
地域によって最低賃金は違いますが、最低賃金+100円ほどのお店が多いですね。

最低賃金のお店ではなく、100円~200円ほど高いお店を選ぶようにしましょう。
高い給料を出せるということは、多少は売れているということなので、環境も比較的よくなります。

逆に、高すぎる場合は注意が必要です。
特にガールズバーなどは非常に高額に設定されていて、一人暮らしを始めたばかりの未成年には向いていません。この記事では非推奨とさせていただきます。もちろん、成人してガールズバーについて正しく理解したあとであれば、問題はありません。

新しく綺麗なお店かどうか

バイト先は、なるべく綺麗なお店を選びましょう。
それは、客席がおしゃれで綺麗、という意味ではありません。

客席は、どのお店も綺麗にしてますが、見るべきはキッチン内やバックヤードです。
汚いお店だと、積年の汚れがあちこちにあったり、ゴキブリが大量に出たりします。

長く続いているお店の方が信頼はできますが、綺麗な環境で働きたいのであれば、オープンから2年以内の綺麗な店舗を選ぶといいでしょう。

営業時間は何時から何時か

一口に飲食店といっても、その業態は様々。
お昼しかやっていないお店もあれば、深夜遅くまで営業しているお店もあります。

自分の生活スタイルに合ったお店を選びましょう。

おすすめは、ランチからディナーまでやっていて、10時ごろに閉店する店舗。
長時間働くことができるため、多く稼げます。また予定によって、時間を調整しやすいのが特徴です。夜も遅くないため、次の日にも影響しません。

スポンサーリンク

大学生活、飲食店バイトで乗り切りましょう!

いかがでしたか?

飲食店バイトのメリット、デメリットについて、ご紹介いたしました。

アルバイトは色々な種類があるので、よく考えて、決めてくださいね。

賄いがある、という一点が一番のメリットですので、無料でおいしいご飯を食べたいなら飲食店で決まりです!笑

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました