小説家になろう流行調査【2020/11/23】

流行調査
スポンサーリンク

流行調査について

・月間総合ランキング100作品による

・ある程度型にはめて集計しているため、分類と実体が異なる場合がある

流行調査の詳細とバックナンバーはこちら

スポンサーリンク

統計結果・分析

ジャンルの統計

ジャンル分布に関しては前回とほぼ変わらない結果となった。

短編が18作品もランクインしており、そのうち14作品が異世界(恋愛)ジャンルだった。

前回の9作品と比べて実に二倍の数になっており、いわゆる「プロローグ短編」の流行、及び短編読者の増加が顕著に表れている。

主要要素の統計

主要要素に関しては前回と少し項目が異なっている。

最弱のはずが最強だった、という作品が大きく数を減らしていた(というより、その系統は追放ものがほとんどだった)

代わりに無自覚に、あるいは突然覚醒して最強になる作品が7作品ランクインしていた。

また「純愛」ものとしているのは、婚約破棄や離婚が絡まない異世界恋愛ジャンルのものをカウントしている。男性向けラブコメではなく女性向けの恋愛作品が大きく数を増やしている。その多くが短編である。

女性向けジャンルの多様化が進んでいて、スローライフと純愛ものが参入した分、悪役令嬢や婚約破棄が数を減らしている。

逆にハイファンタジーは変わらず追放ものが多く、もう遅い系が大半を占めている。

スポンサーリンク

総括

全体で「もう遅い」及び類似した単語を含む作品は全体で23作品もあった。

流行に関しては大きく変化はないが、女性向け恋愛ジャンルでは多様化していた。

また短編が非常に多く、追加更新のない短編であっても月間ランキングに載れるくらいのポイントを獲得できることが分かった。

以上

タイトルとURLをコピーしました