朝ドラ「なつぞら」で話題!広瀬すずさんが歌ったFFJの歌って何?農業高校出身者が詳しく教えます!

農業
スポンサーリンク

FFJの歌は農業高校生ならだれでも知ってる!

いわしめんたいです!どうも!

今回は、広瀬すずさん主演の連続テレビ小説「なつぞら」でも話題となった、FFJの歌について、ご紹介したいと思います。

なつぞら放送当時は、Twitterでも非常に話題となりました!


他にも、銀の匙のメディアミックスや、金足農業高校の甲子園での活躍によって
農業高校への関心が高まっていることに嬉しく感じます!

というのも、私いわしめんたいは、北海道の農業高校出身!
もちろん、当時はこの歌を歌っていました
印象的なメロディーで、校歌より覚えてます

私の高校だけが歌ってたわけではありません
全国の農業高校すべての学生が必ず歌う、農業高校生のソウルソングとも呼ぶべき歌なんです!

今回は、そんなFFJの歌を、農業高校出身者の私が詳しくご紹介していきます

スポンサーリンク

FFJとは

FFJとは、 Future Farmers of Japanの略で、 日本学校農業クラブ連盟 の英語名の頭文字からきています

日本学校農業クラブ連盟の歌だから、FFJの歌、というわけです

農業クラブとは、農業高校生が所属する、農業版生徒会のようなものです!
また一部の、農業科がある総合高校なども、所属している場合があるそうですね
生徒会執行部のように、農業クラブにも学校内に執行部があるんですよ

そして、その農業クラブの全国連盟が、FFJというわけです!規模が大きいですね!
FFJは農業に関する検定を執り行ったり、農業高校の大会を開催したりしています

スポンサーリンク

どんな歌?

youtubeにフル版が上がってたので貼っときますね

これ、学校で用いるものと全く同じ音源です
この声、とても懐かしい。なぜか一番と二番で歌手がかわるんですよね笑

歌詞はこちら

FFJの歌
作詞  吉沢義之
作曲  堀内敬三

みのる稲穂に 富士と鳩
愛と平和を 表わした
旗はみどりの 風に鳴る
土にとりくむ 若人の
意気と熱とが もりあげた
FFJ FFJ われらの誇り



北に南に わきあがる
自主と自由の情熱が
むすび花さく クラブこそ
学徒われらの いく道を
照らす光だ よろこびだ
FFJ FFJ われらの理想


香る大地に がっちりと
学と行とを 両の手に
伸びる生命の たくましさ
明日の日本の 農業に
若い息吹を ふき入れる
FFJ FFJ われらの希望

農業クラブの歌 http://www.yoshida-h.hiroshima-c.ed.jp/ka/ffj/sub4.htm

力強い歌詞ですよね!

「実る稲穂に富士と鳩」は、FFJのシンボルを表しています

このシンボルは連盟旗という、行事の度に体育館やグラウンドに行進ののち掲げられる旗に描かれていて、それが風に靡く様が歌詞で表現されています
農業高校生にとっては青春の光景そのものですから、卒業後に見ても感慨深いものがあります

「北に南にわきあがる」は、まさしく北海道から沖縄まで全国にある農業高校を表していますね!
全ての農業高校がこの歌で繋がり、北からも南からも湧き上がる農業への情熱。それが、日本農業の未来を照らしているんです!

という素晴らしい歌なんですが、
大体みんな
FFJ~FFJ~われらのほーこーりー♪

の部分しかはっきり歌ってなかった気がします笑
そこだけは皆しっかり覚えてる
他はうろ覚え……

歌っても、一番と二番まで。
三番は歌詞を見てもあんまりぴんと来ないので、多分行事ではカットして使っていたと思います

農業高校生にとっては校歌より馴染みがあり(実際校歌より歌う回数は多いです)
卒業後に再会した時に話題に上がるのも、このFFJの歌の方ですねー

また会社の人とかで、母校が農業高校だと判明した場合はFFJの歌を歌うことで絆を深めます!笑
横浜市民における横浜市歌、群馬県民の上毛かるた、農業高校生にはFFJの歌です!
絶対、全員歌えますからねー。FFJ~♪の部分だけ笑
他の部分は、歌詞見たら思い出す感じ

それくらい、重要な曲でした!

スポンサーリンク

作詞したのは吉沢義之さん

吉沢義之さんは、栃木県さくら市の農家出身のお方。
何校かの校歌を手掛けているものの、専門の作詞家ではなく、趣味で作詞をしていたようです!

1951年に日本学校農業クラブ連盟が連盟歌の歌詞を募集し、そこに応募したことで採用されたんです。応募数は、300以上!!
その中から選ばれたのも納得の、良い歌詞ですよね

趣味で作曲していたものが全国の農業高校で歌われるようになり、さらには朝ドラでも歌われ、全国の人にも知られるようになる。すごいことです。それだけ、人々の心を掴む歌詞なんですよね

スポンサーリンク

いつ歌うの?

FFJの歌は、農業クラブ関連の行事の時に、主に歌います!
また、朝礼の時に歌うこともありますね

農業クラブ関連の行事とは、主に

  • 収穫祭
  • 技術競技大会
  • 実績発表大会
  • 意見発表大会

などがあります!
一つずつ解説していきます

収穫祭とは、その名の通り収穫を祝う祭で、主に秋に行われます。
学園祭と兼ねている学校と、分けている学校があり、どちらにせよ学園祭のような雰囲気でやります!
一般の人でも入場が可能な販売会が校内で行われていて、収穫したばかりの野菜や果物などの農産物、または加工した食品をお得に購入することができます!

労働力が生徒と先生なので人件費0ですからね

また、二日目には非公開の収穫祭があり、食事をしたり有難いお話を聞いたりします
あまり覚えてませんが笑

学校によって収穫祭にも特色があるので、他校では全く違うかもしれません!

次に、他の大会系についてです

技術競技大会意見発表大会実績発表大会農業クラブ三大行事と呼ばれ、
全ての農業高校で行われます
校内大会、地方大会、全国大会まであり、それぞれで結果を残した生徒が、次の大会へ進むことができるんです

それぞれ簡単に説明すると
意見発表大会は、個人による小論文の発表
実績発表大会は、専攻班(学科の中でもさらに専攻ごとに分かれています)による、一年間の研究成果の発表、プレゼン
実績発表大会は、農業鑑定、家畜審査、平板測量、農業情報処理などの、技能を競う大会

全国大会ともなると、かなりレベルの高い戦いになるんですよ!
普通高校ではなかなか見られない光景ですよね

これだけの行事が一年間にあるんですから、FFJの歌は結構頻繁に歌います笑
卒業式や各種一般行事でも毎回歌いますし、農業高校生にとっては馴染み深い歌なんです

スポンサーリンク

FFJの歌、みんなも聞いてね!

以上、FFJの歌の紹介でした!!
かなり主観の入った記事でしたが、FFJの歌が農業高校生にとってどんな立ち位置の歌なのか、リアルな部分が伝わったかなーと思います

今日も、全国には農業高校で農業を学び、FFJの歌を歌っている学生がたくさんいます!
この歌をきっかけに、普通とは違う彼らの学生生活を知ってもらえる機会になれば幸いです
日本農業を一緒に盛り上げていきましょう!

農業高校生、在学卒業問わず、いたらぜひコメントください!
語りましょう笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました